または乗りたくないな最悪の航空会社ランキング10

1. コリョ航空 (北朝鮮)

f:id:bryan0230:20180906122810p:plain

1位は、世界の航空会社の中で唯一、最低点の星1つをもらった北朝鮮の高麗(コリョ)航空に帰した。 高麗航空は全体の旅客機の数がやっと4台だけで、国際路線は計7件、国内路線は1個しかない小規模の航空会社だ。


スポンサードリンク
 

 

さらに、2006年から安全問題により、欧州連合諸国に運航禁止措置まで受けており、まともな就航を認められずにいる状況だ。 路線の数が少ないのはさておいて機内食、機内の安らかさ、手続きサービス、乗務員たちの応対や言語実力などが良くないことも要因となった。 安全、顧客サービス、商品において、あらゆることで問題が多い最悪の航空会社1位のタイトルを得ることになった。

 

2. ブルガリア航空 (ブルガリア)

f:id:bryan0230:20180906122818p:plain

2002年に新規就航した新生航空会社だが、数回に渡り安全性問題にイシューになった。 飛行時には何よりも1位にランクされるべき安全において脆弱な姿を見せて2位に安着.最新の旅客機であるにも関わらず、数回にわたって滑走路を離脱したり、設備に問題が発生し、米国及び英国の飛行を規制を受けることもした。

 

特に航空機の内部の状態が非常によくない、乗務員たちのサービスなどでも最下位を評価を受けて運行全般において問題があることが分かった。

 

3. ペガサス航空 (トルコ)

f:id:bryan0230:20180906122831p:plain

トルコを代表する航空会社に2013、2014年、欧州で航空料が一番安い航空会社に選ばれたりもしたが、安い値段だけあってサービスの品質も低い点が罠(わな)である航空会社だ。 すべての座席は、価格やサービス品質の差がない同級になっており、機内で提供される別のサービスもない。


スポンサードリンク
 

 

特に、国際路線が多いが、乗務員たちの外国語の実力が非常に低く、トルコ語を知らなければ乗れないほどだと。 機内内部施設面においても座席間の間隔が非常に狭く短い飛行時間も持ちこたえることは難しいという評価が多い。

 

4. ネパール航空 (ネパール)

f:id:bryan0230:20180906122840p:plain

ただし7つの旅客機で運営される小規模航空会社だが、旅客機の老朽化問題で2013年から欧州連合の制裁を受けた。 しかし、アジアの一部地域は登山客たちを対象に依然として運行中であるため、安全問題に対する指摘は絶えていない。 安全問題だけでなく、急に飛行のキャンセルを通報する場合が多く、被害を見る乗客が多い。

 

2015年2月基準、ネパール航空が公示通り飛行日程を守った確率はトータルの飛行の34%にできないと。 ネパール航空はこの問題において星二つを受け、最悪の航空会社4位にランクされた。

 

5. スピリット航空 (米国)

f:id:bryan0230:20180906122848p:plain

米国航空会社の中で唯一星印2点を受け、最悪の航空会社5位のタイトルを受けたスピリット航空。相対的に割安の価格で注目を集めたが、機内同伴手荷物について、高い金額の追加料金を受け、多くの乗客の非難を受けた。

 

結局、航空券は安いですが、追加的に支払わなければならない金額が多いという虫のいいイメージを得た航空会社であるわけだ。また、厳格な払い戻し不可原則のために乗客の不満が高い方で、後ろに倒すことできず、狭苦しいまで一座席は低い星を得るのに一役買った。

客室乗務員のサービス態度が最も無礼な航空会社に選ばれたことがあり、多方面に問題が多くの航空会社という認識が生まれた。


スポンサードリンク
 

 

6. スマートウィングス (チェコ)

f:id:bryan0230:20180906122856p:plain

チェコの格安航空会社で1当たり20kgを超える貨物について高い追加料金を取っていることで有名なところだ。 飛行機チケットをキャンセルする場合、高い比率の手数料を受け取ることでも定評があるが、おかげで'航空料が安いうえには理由がある'という評価を受けている。

 

コスト的な側面だけでなく、顧客管理システムが発達せず、もどかしさを訴える乗客の割合が高い方だ。

 

7. ライオン航空 (Lion Airインドネシア)

f:id:bryan0230:20180906122905p:plain

アジア最大の格安航空会社に数えられているライオン・航空は価格は安いですが、サービスの方では脆弱な姿を見せて7位にランクされた。

 

手頃な価格と共に、アジア最大規模の航空会社というタイトルを持っているが、頻繁な延着と飛行のキャンセルは、ライアン・航空の汚点となって残っている。 特に2013年には飛行を責任を持つパイロットと乗務員が薬物を服用したまま飛行をして世界的な衝撃を与えたりもした。

 

8. 中国東方航空 (中国)

f:id:bryan0230:20180906122913p:plain


スポンサードリンク
 

 

よく見られる航空会社だが、周りの人たちが乗るとすれば、ほとんど制止する場合が多い中国の東方航空が7位を占めた。 東方航空は、頻繁な延着と飛行の取り下げにより有名になった航空会社でもある。

 

2015年の調査結果定時着陸確率はわずか50%に過ぎず、延着において代表的な航空会社であることをもう一度証明した。 延着される場合、30分から一時間は基本で、その以上なるケースも多いというから、東方航空を利用する場合、定時出発に対する期待はしばらく折っておくようにしよう。

 

9. ライオン航空 (Ryan Airアイルランド)

f:id:bryan0230:20180906122921p:plain

化粧室の数を減らして乗客をさらに乗せている? 言葉もいけない言葉のようでだけをアイランドの格安航空会社・ライオン航空の実際の話だ。 最大限多くの乗客を搭乗させるため、極端な措置まで取って、有名になった。

 

おかげにライアン・航空は50人の乗客らを追加して搭乗させたが、乗客は飛行時に不便さを得ることになった。 価格が安いだけに、飛行時に安らぎを期待してはならない航空会社の一つ。

 

10. パキスタン国際航空 (パキスタン)

f:id:bryan0230:20180906122929p:plain

やっと38%に過ぎなかった定時着陸確率を見せているパキスタン国際航空が10位にランクされた。 パキスタンの国営会社だが、それに応じたサービスを提供していないため、利用客は多いが、時間が重要なビジネスマンたちは忌避する航空会社という。

 

さらに、定員を超過した乗客の搭乗を許容して運行していた戦績がいて大きな議論になったりもした。 このように国際航空の規定で禁止した立席飛行を強行していたことのほかにも墜落死亡事故、機長の飲酒飛行など、事件事故が多く、忌避しなければならない航空会社に数えられている。


スポンサードリンク