うつ病患者が使用する言語の3つの特徴

うつ病を患っている人たちがだんだん増えているという考えがたくさん入っている最近、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がある風邪とは異なり、そのもどかしさが外で報告は分からないものだ。

 

しかし、もしかしたら、その人の言い方で憂鬱症なのかどうかを区別できるかもしれない。


スポンサードリンク
 

 

英国レディング大学の心理学者、ムハマド・ムサウィ氏の研究によると、うつ病だった人たちが使う言葉には三つの特徴がアッダコする。

 

f:id:bryan0230:20180828221554p:plain

 

ムサウィ氏が命名した"うつ病え(language of depression)"の特徴は"私は(自分)"を使用し、"否定的"単語、そして"絶対"の集約的だ。

 

この結果はインターネット上に公開されている数多くのうつ病人たちのエッセイやブログをコンピューターで分析して判明したのだ。

 
- うつ病の人たちが書いた文章を解釈

 

今までもうつ病の人特有の言語を探求する研究は行われてきたが、以前には研究者が、うつ病の人の文章を読んでメモをするアナログ手法が主流だった。

 

f:id:bryan0230:20180828221610p:plain

 

今はコンピューターによる言語分析が可能であり、数分内に膨大な情報を処理できるようになり、人間が奪われかねない言葉や特徴を正確に知ることができるようになった。

 

ソースになったのは、うつ病を患った詩人、シルビアプラスの作品、他のインターネットで公開されているうつ病人たちのエッセイやブログなどだ。


スポンサードリンク
 

 

それらを言語分析することにより、うつ病の人たちが使いやすい単語や語彙の多様性、文章の長さの平均値、文法パターンなど多様なことを知ることができる。

 

それではうつ病の人たちが書いた文章などにどのような特徴があったのでしょう?

 

うつ病人がよく使う"うつ病え"の3つの特徴

 

1. 否定的な感情を過度に表現する

 

先にうつ病の人が書いたものの特徴としては、否定的な感情を過度に表現していることが挙げられているという。 "孤独"、"悲しい"、"寂しい"、"悲惨な"など否定的な形容詞と副詞を多く使う傾向があった。

 

f:id:bryan0230:20180828221624p:plain

 

2. "私"、"自分"の1人称代名詞をたくさん使用


スポンサードリンク
 

 

うつ病の人は"私は(I、me)"私"自分(myself)"などの人称代名詞を多く使う傾向があるようだ。 反対に"彼女(she)"と"彼ら(they)"など人称3人称を使用することはほとんどしなかった。

 

これは自分に意識を集中して他人との関係が少ないためと考えられている。

 

3. "絶対"、"完全"という言葉をたくさん使用

 

うつ病の人が書いた文には、"絶対主義的な言葉"が非常に目立つようという。

 

f:id:bryan0230:20180828221635p:plain

 

64つの精神健康システムのオンライン掲示板で6400人以上の会員の言語分析を実施した結果、"絶対に"及び"明確に"、"完全に"などの単語が多く使用されていた。

 

"黒白論理は確実にしたい"や"0または100つの"などの心理の表現、このような絶対主義的で完璧主義的な考えがうつ病を起こす原因がないかと考えている。


スポンサードリンク