古代マヤの暦で時間旅行の鍵を発見?

多様な小説作品の素材になって、人々の心を魅了させる時間旅行。未来世界の猫型ロボットの力を借りてでも過去と未来を自由自在に移動する旅行を行きたいと思うのだ。


スポンサードリンク
 

 

f:id:bryan0230:20180828212119p:plain

 

しかし、現代の技術では、まだ難しいことで、しばらく頭の中にあるだろうが、時間旅行者を自称する者や過去の歴史にその証拠を見かけたという話は絶えていない。

 

マチュア考古学者、ティモシー・アラン・もその中の1人だ。 彼は、時間旅行の秘密を解明するのはもうすぐ始まるだろうとYoutube掲示された動画で語っている。 その鍵はマヤカレンダーにあると....

 

"はい、私はティモシー・アレン。多次元考古学者だ"と動画で自分を紹介している。

 

 

アレンは遺物から3Dデジタルデータを収集して、それを基に精密なコンピュータシミュレーションを実施して、遺物を破壊することなく分析を実施する人物だ。

 


スポンサードリンク
 


- チョルキン(Tzolk'in)力を分析し、隠されたコードを発見したと主張

 

彼は、マヤのチョルキン力を5年間研究したと主張している。

 

マヤはいくつかのカレンダー(2012年にこの世が終わると騒がせたジャンキリョクもその一つ)があり、チョルキンの力は一周忌を260こととするマヤの古いカレンダーである。 どうして多次元考古学者はこれに注目したのだろうか?

 

"このカレンダーに隠されていたコードを発見した。 それはあなたの目に投影されるものたちを解放させるだろう。 霊的技術の両者の同意のような砦テクスクォンタマティクスだ。 それは多次元言語だ"

 

聞いたこともないような単語だけ...何の話をしているのか全然知らない。

 

"このような10背が私が発見した40鍵のある部分に該当するのか把握するため、5年間の研究を続け、マヤチョルキンの力にQELF(量子コード光プレクタル)とタイムポータルを発見した"

 

f:id:bryan0230:20180828212154p:plain

 

-  時間旅行が可能な文を発見。

 

どうしてもティモシー・アレンは、タイムポータルの鍵を発見したと言うのとみられる。 彼はこれに対して"時間の通路"ポータルおよび"個人ビジョン"ポータルとも話した。


スポンサードリンク
 

 

つまり、タイムマシンを発見したのはなく、時間旅行が可能な文を発見したようだ。 それではそれはどこにあるのだろうか?

 

不幸にもアレンはこれに対して言葉を濁した。

 

アレンによると、マヤの歴史は人間意識の進化と神聖な時間旅行の鍵を地図化するために考案しているという。

 

f:id:bryan0230:20180828212224p:plain

 

"力(カレンダー)の要素は次から次に来る。 それはダヴィンチコードと同様のものである。 一種の開かれた宇宙のダヴィンチコードである"

 

昨今で時間旅行のカギを握って野望は放棄することがよさそうだ。 とにかくダヴィンチコードはQELFよりは話の素材としては優れていても虚構に過ぎないから

 

ティモシー・アランには申し訳ないが、マヤちゃんカレンダーに隠された時間旅行については、さらに証拠を見せてくれないと・・・ならないという事実。


スポンサードリンク